top of page

バックルの種類

始めまして。 ベルトバックル製造工場の野上です。

このブログではこれまでに弊社が製作したバックルの実績などをご紹介すると共に バックル製作に関する皆様のご質問などにお答え致しますのでお気軽にご相談下さい。

バックルと一口に言っても様々な製法や素材などがありますので、今回は先ず大まかなバックルの種類をご紹介しますね。

■シルバー製バックル シルバー925を素材として製作致します。 シルバーの特性として使い込むごとに“イブシ”という風合いが出てくるのが特徴です。 彫りの深いハードなデザインなどに非常に適しています。 ロストワックス技法という製法で作ることが多く、当社の原型師による手彫りの造形は 圧巻ですよ。

■真鍮製バックル 真鍮は錆びにくく、強度もありますので直線的なデザインに向いています。 また、メッキ加工でシルバー、ゴールド、ブラック、ピンクゴールドなどの 着色も可能ですが真鍮の地金である薄金色のままで使用するのもアンティークな 風合いを楽しめてオススメです。

■チタン製バックル チタンはとにかく硬度が高く、頑丈ですので細いワイヤーワークのバックルや フレーム型などに適しています。 またチタンは医療器具にも多く使われており、皮膚アレルギーを起こし難いのも特徴です。 金属アレルギーの方にはオススメです。

■プラスチックバックル バックルは金属製のイメージが強いですが、当社ではプラスチック製のバックルの製作も 承っております。 塗装でカラフルな色展開を楽しめるのもプラスチックバックルの特徴です。 また、プラスチックボディに金属チャームやカラーストーンなどを組み合わせて カジュアルでオリジナリティー溢れるバックルを製作してみてはいかがでしょうか?

さて、皆様はどんなバックルを作りたいとお考えですか? ㈱和心はご予算、製造数、デザインなどに応じて適切な製法や素材などを ご案内させて頂きますので、先ずはお気軽にご相談下さいね。

Commenti


bottom of page